いこいテーピング講座
講座の主な対象

運動している子どもの保護者向け

YUTAYUTA

いこいテーピング講座では、スポーツ現場で経験してきた知識やノウハウをお伝えしていきます。お子さんに、教え子に、テーピングを活用して、身体の違和感なくプレーに専念してもらいたいです。

※分かりやすくイメージしてもらうために専門用語は使わないようにしています。

私たちが考えるテーピングの役割とは?


ケガをした時、体の防御反応が作用してケガをした場所を守るために、まわりの筋肉が硬くなります。
例えるなら、後ろから「ワッ!」と脅かされた時、体がビックリして縮まるような反応です。

その防御反応が続いたままになってしまい、ケガをした場所以外の周りの筋肉が痛みを出しているケースも多くあります。

そこで、痛みを引き起こしている原因は大きく2つあると考えられます。
① ケガをした部位自体(靭帯損傷・打撲・肉離れした部位など)
② 防御反応で、周囲の筋肉が硬くなり、その引っ張りにより痛みを引き起こしている

いこいテーピングでは、②の防御反応で硬くなった筋肉にアプローチし、その後①の損傷部位にアプローチする順番でテーピングを実施していきます。

YUTAYUTA

そうすることで、テーピングの効果が格段と良くなり、回復が早くなる印象があります。

また、ここぞという試合前や、不安を抱えている部位への予防のテーピングもおこなっています。

講座の問い合わせはこちら

こんなテーピングが学べます

従来のテーピングは関節を「固定」するのが主な目的でした。

YUTAYUTA

痛みに対してテーピングをする際、固定するだけでは満足いかないケースがありました。いろいろ選手たちと試行錯誤していくうちに、筋肉を活かすテーピング法にたどりつきました!今後も進化していくと思われます。

この講座で学べるテーピングは大きく3つです

▶︎ 硬くなった筋肉にアプローチする
→ ずらすテーピング(筋肉を活かす)
▶︎ 負傷部位に直接テーピング
→ 痛みの方向を制限するテーピング(固定)
▶︎ 予防のテーピング
→気になる筋肉に、ケイレンや肉離れ予防でテーピング
講座の料金

1回約90分 ¥10,000-/人
2名参加 ¥8,000-/人
3〜4名参加 ¥7,000-/人
※材料費別途

YUTAYUTA

この講座はお子さんと一緒に受講していただきます。同じ部活の保護者同士で受講されるのもオススメです!

講座の問い合わせはこちら
LINEで問い合わせ LINE